【リキッドファンデーション】で評判の美肌仕上がりは【ブラシ】使用がポイント リキッドファンデーションと専用ブラシの口コミ

リキッドファンデーションの仕上がりは、本当に好みの肌の質感を演出できるようになっていき、まさしく欠かせないものになりつつあります。

 


多くのコスメフリークと呼ばれている方々は自分の肌タイプや演出したい肌の質感を求め、複数のリキッドファンデーションを持っていることも珍しくないのです。

 


またどこの化粧品ブランド崩れにくい、よれにくい、といった情報も非常に敏感になっているのです。

 


リキッドファンデーションがどうしてこんなにも好まれているのかと言えば、肌の仕上がりが非常に美しいからなのです。

 


多くの場合ではリキッドファンデーションをつけた後にルースパウダーをはたく方が多いのですが、最近はあえてルースパウダーを省く方も少なくありません。

 


それだけかなりリキッドファンデーションは落ちにくくなり、つけた瞬間の仕上がりの美しさを長時間キープできるようになったのです。

 


いわばメイクアップコスメの進化がどれほどまで進んでいるのかということが、確認できるコスメアイテムがリキッドファンデーションなのです。

 

 

 

リキッドファンデーションは仕上がりが自然な雰囲気の肌の質感になるものもあれば、輝くようなツヤやしっかりとメイクした雰囲気になるタイプと色々です。

 


多くの場合、日本人女性の好んでいる、いわゆる「モテ肌」と呼ばれる仕上がりになるリキッドファンデーションは、やはりふわっと肌色をカバーするものです。

 


逆にあまり好まれていないようであるタイプのリキッドファンデーションはメイクした質感である「マット肌」のようです。

 


これはやはり女性たちが気を惹きたいと考える男性の求める肌が素顔に近いことから、このような仕上がりのリキッドファンデーションがヒットするのでしょう。

 


毛穴開きや色ムラ、くすみをカバーしながら、かつ自然な肌の質感に仕上がるリキッドファンデーションは欠かせないのです。

 


しかしながらいくら優秀なリキッドファンデーションであっても、厚塗りしてしまえば、あまり自然な仕上がりにならないので注意しましょう。

 

 

実は「ナチュラルな雰囲気がある」と男性が思っている肌の女性ほど、使いこなすことに長けているのがリキッドファンデーションです。

 

 

リキッドファンデーションをうまく使いこなすには、自分の肌タイプや色合いを把握して、選ぶことが条件になっていきます。

 


「色が白いは七難隠す」といいますが、明るい色のリキッドファンデーションを強引に塗っても、失敗する可能性が高いのです。

 


むしろ上手な選び方は顔の色よりも、ワントーン低いほうが実はおすすめなのです。

 


加えて適量を塗ることが、自然な質感の肌を演出するためのリキッドファンデーション使いには必要になってくるのです。
ポイントメイクのほうが注目されやすい時代ですが、やはりメイクの土台となる肌の質感の演出には欠かせないのがリキッドファンデーションです。

 

 

 

 

 

リキッドファンデーションは、肌をより美しく演出するために欠かせないものですが、つけ方によっては肌の美しさを隠してしまいます。

 


そこで最近、メイクアップアーティストたちが提案しているリキッドファンデーションのつけ方と言うものがブラシを使うという方法です。

 


この場合、リキッドファンデーション専用のブラシを必要としますが、非常に素肌の感覚が残り、それなのに肌のアラをカバーしてくれます。

 


つまりリキッドファンデーションがムラなく適度な量でつけることができる上に、しかも素早く仕上げることが可能なのです。

 


確かにブラシにリキッドファンデーションを含ませて使うわけですから、かなりたくさんの量を使うという難点もあります。

 


ところがリキッドファンデーションの初心者でも、美しく、素早く仕上げられるという利点を見逃すことはできません。

 


そこで現在では、化粧品ブランドによってなのですが、専用のブラシを登場させていることで、人気になっているのがリキッドファンデーションです。

 

 

 

 

リキッドファンデーションをどのようにブラシを使ってつけるのか、と言いますと、一言でいえば絵を描く要領で行います。

 


そのためにブラシに含ませているリキッドファンデーションを素早く、肌につけてあげなければなりません。

 


簡単にブラシに含ませたリキッドファンデーションを頬・額・あご・鼻というように、ささっとつけていくことがポイントです。

 


そこからブラシでうまくぼかすようにしてつけていけば、かなりきれいな仕上がりになっていくのです。

 


もしもブラシでリキッドファンデーションをつけたときに、固まったり、ヨレた場合は指でなじませて、均一にします。

 


またブラシでリキッドファンデーションをつけたら、その仕上がりも、ハンドプレスして、よく肌に密着させることも必要なのです。

 


ブラシを使うことに最初は抵抗感があるという方もいらっしゃるかもしれませんが、行ってみると納得するつけ方があるのがリキッドファンデーションです。

 

 

リキッドファンデーションをブラシでつける方法は、一見、難しく見えてしまうものなのですが、行ってみると簡単で驚くはずです。

 


むしろスポンジでリキッドファンデーションをつけるよりも、好みなどもありますが、仕上がりが美しいことに気がつくはずです。

 


まずリキッドファンデーションをブラシでつける方法を試してみたい方は、専用のブラシを用意する必要があるので、使い心地のいいものを見つけましょう。

 


またリキッドファンデーションを買った化粧品カウンターで取り扱っている場合もありますから、BAさんに相談してもいいですね。

 


やはりつけるのであるなら、美しい仕上がりにしたいものですし、また使い方次第で肌の質感も変化するのがリキッドファンデーションです。
 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加