【リキッドファンデーション】使い方のポイントは色選び 美肌効果のリキッドファンデーション口コミ

メイクアップアーティストたちが提案しているリキッドファンデーションのつけ方と言うものは、専用のブラシを使うと非常に素肌の感覚が残り、それなのに肌のアラをカバーしてくれるという方法は以前ご説明させていただいたとおりですが・・・、色々使い方やテクニック、考え方もありますので後ほど。

 

今回は別の視点からリキッドファンデーションのポイントを、ご説明しますね。laugh

 

リキッドファンデーションを使用する上でポイントとなってくるのは色選びで、比較的に肌になじみやすい色を選んだのであるならば、使い方はそれほど難しくはありませんよ。wink

 

 

ただし、使い方を間違えてしまうと、いわゆる「厚塗り」という敬遠されがちな厚化粧になってしまいます。cheeky

 


いわばリキッドファンデーションの上手な使い方というものは、ポイントメイクが際立ってくるように使うことになってきます。

 


そこで重要なことになってくるのが、色選びになっていくわけで、使い方を簡単にするのも、ここがポイントです。

 


特に最近では「薄づき」がキャッチコピーのリキッドファンデーションも増えているので、かなり使い方は簡単になっています。

 


肌の色でも特に首の色に合わせるようにすれば使い方がリキッドファンデーションはとても簡単になるのです。frown

 


また自分自身の肌色よりも濃い目を選ぶ方が、実は使い方が簡単なだけではなく、美肌効果が生まれるのもリキッドファンデーションです。

 

N811_hartwotukurujyosei500-thumb-125xauto-2200

しかし、リキッドファンデーションの使い方では、ブラシすすめる方もいれば、スポンジで伸ばす方をでという方もいます。

 

 

しかし一番簡単で、仕上がりも美しい使い方はリキッドファンデーションを自分の手で伸ばすことになってくるかもしれません・・・。angel

 


そのほうがフェイスラインは軽くぼかし、必要なパーツには濃い目に。

 

というようにリキッドファンデーションをコントロールしやすいのです。

 


加えて、リキッドファンデーションを上手に使うならば、コンシーラーやコントロールカラーの使い方も覚えておくといいですね。

 


実際、理想的な肌の質感に仕上げるのはリキッドファンデーションを上手に使うだけでは、完成しないことも少なくはありません。

 


そこでリキッドファンデーションの上手な使い方を研究していくのであれば、コンシーラーやコントロールカラーも重要なのです。wink

 


使い方の研究をしっかり行っておくだけで、同じタイプで、しかも同じ色合いであっても、仕上がりに差が出てくるのがリキッドファンデーションです。
 


リキッドファンデーションの使い方自体は、適量がわかっているのであるならば、さほど難しくはないのです。

 


また使い方によっては、まるで素顔のような質感に肌を演出することもできるのが、リキッドファンデーションなのです。

 


やはりメイクをするのであれば、素顔より美しい印象を与えたいのが本音ですし、そのためには使い方をマスターしたいのがリキッドファンデーションです。

 


またメイク上手と呼ばれている方ほど、リキッドファンデーションの使い方が上手であることも多いのです。

 


いわば肌の質感の演出次第で、さまざまなメイクの仕上がりにもつながってきますから、使い方を知っておきたいのがリキッドファンデーションです。

 

 

 

リキッドファンデーション

 

コンシーラー  

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加